怒りの感情・イライラ感

たとえば
これを感じて
イライラする場合

よくあるのは
意識せずの

恐怖心や
自身の内面の弱み
触れられたくない部分への
抵触と不安。

全てではないのだけれど
怒りやイライラを感じて
心乱されるときには
それを外に出す前に

さてなぜいま
イライラしているんだろう

とか
冷静に自己分析をし
考えてみると
思い当たる部分が見えて
その感情を
抑えられることもあり

同時に
自身のことも
深く知る機会につながって
結果、自己のキャパが拡張

感情とは
頭の中で起こっていること
難しくない

ただし
怒りやイライラが
自身の不安などを
映しているとすれば

それは
生命維持に関わる
信号かもしれないので
分析はその可能性も
加味しつつ。