珈琲物語, おちゃあるき, たべもの研究, blog

カスカラコーヒーのポリフェノールって

カスカラコーヒー

カスカラティー
カスカラコーヒーには
ポリフェノールが豊富

お茶や
特定のハーブティにも
しかり

ふと気になって
ポリフェノールの成分と
焙煎などによる高温のことを
検索

するとやはり
ポリフェノールの一種
クロロゲン酸の
高温による
成分の減少・消失ありとか

アンチエイジングなどに
効果のあるとされる成分

これを
十分に摂りたいと思えば
珈琲なら浅煎りまでが好さそう

熱量と
それを加える時間の長さに
影響を受けるらしい

それなら
お茶はどうなのかと
考えてみると

一般的な緑茶あたりは
ああ、、、日本の製法は
あまりわからないのだけど

中国の田舎のものは
摘んだ茶葉を
さっと熱湯に通したり
高温の蒸気で
酵素を失活させるわけだけど

その時間は
珈琲の焙煎と比べたら
ほんの一瞬か

紅茶は
酵素の失活のほか
風味をつくるためにも
わりと長めの時間、
熱を加えるのだけど
さてどうなのか

生茶などの半発酵茶も
酵素の働きを緩めるため
わりと長めに
熱を通すのだけど
紅茶に比べたら短時間

珈琲で言えば
浅煎り程度かな
検証してみないとな

と言っても
成分分析など
個人ではね、、、

自分なりに
まずは
記録を取ってみよう
加熱と時間について

もし高温に弱いらしい
クロロゲン酸を欲するのなら

つくる時点から
火入れ・焙煎の
コントロールが必要かもね

まだよくわからないけど
ならば煮出す・煎じるあたりは
どうなのかな

ポリフェノール
クロロゲン酸は
水溶性のようだから
水出しがベストなのかしら
60-80度など
やや温度低めなら
どうなのか

熱湯で
ほぼ100%の成分が
抽出できるらしいのだけど
温度が低ければ
摂取できなくなる成分も
出てしまいそうだな

お茶なら
1-2煎したあと
その茶葉を
おひたし的に食べたりもするから
そのあれなら解決かな

お茶もハーブも珈琲も
ミルでパウダー状にすれば
そもそもいいのかもね

ハーブティなどは
自然乾燥なら成分を
損ないにくいのか

ん、
ポリフェノール類は
何度くらいから
成分が消えてゆくのだろうか

調べて
試して

見えにくいところだからこそ
好いものを育てたいな

お茶も珈琲もハーブティも
この辺りの研究は必須だな

カスカラもね 🙂