猫と暮らした時間, blog

絆の路傍猫

路傍猫

路傍猫

僕は無類の猫好きなので
猫を見かけると
可愛がりたくなるのだけど
見知らぬ猫は適度な距離感

けっこう
猫と子供には
好かれるのだけどね

子供の頃から
猫との縁はよろしくあって
猫の気持ちや言葉にも
なかなかに敏感

猫に助けられたなと
思えるエピソードも
いくつかあって
いつかそれを形にしたいな

とりあえずいまは
可愛がらせてくれる猫が
そばにいてくれたら
嬉しさランキングのほぼトップ

おおむねの生物における
人生は有限で
その歩みの時間を共に過ごすのに
ヒトやネコなどの分類は関係なくて
ただ心と温もりの通い合い

互いの路傍にて
ある日に出逢えて

会いたいけれど
もう会えない猫たちもあって
想い出は夢で再生されるのみ

けれどときに近頃は
夢はリアルに重なるように
共に暮らしていた時代の続きを
見せてもくれている

もしかすると
まだ変わらず傍に
いてくれているのだろうか

心の定義は
未知数なのだから。