猫と暮らした時間, blog

目を向けること、

バンコク猫

タイ・バンコク・フワランポーン鉄道駅そば。僕らにもこの暮らしがあるように、彼らにもまた。