民俗古代妄想, blog

巨石建造物は何処から

古墳石室

古墳石室

古墳石室

日本の古墳
エジプトのピラミッド
どちらにも石室と石棺
わりとそっくり

地理的な距離があったとしても
ニンゲンだから
考えることは、行き着くところは、
似たところがあって
不思議ではないのだけれども

ほらそこで
妄想・考えるのを
辞めてしまったら

もしかする事実、
もしくは自身の生きる糧を
捨ててしまうことになる

こういうことを空想しては
調べものをしたり
気になる現地に足を運んだりと
僕の人生を豊かにも
してくれている

さて巨石文明
巨石を用いた建造物
列石等々

お城で言えば
世界中にある石垣も
始まりはどこで誰が
とか考える

ニンゲンひとりでは
運べないような巨石を
わざわざ用いるのは
非効率にも思うのだけれど
結果、現代まで遺っている

丈夫さを
求めてのことか
言われているように
権力の誇示のためか

元々は
もっと小さな石や岩で
丈夫にしたい何かをつくっていて
それを巨大化させよう、
という単純な発想なのか

それとも
地球外からの文明の巨石文化を
そのまま持ってきたのか

デカイ・重いにも
ほどがある

古代から現代に近づくほど
富と権力の誇示、
合わせて芸術性・美術的な観点も
確立されているのはわかる

その始まりを
空想して行こう
地球上だけで考えれば

同時多発的に
各地に発生したものなのか
ある特定の地域で生まれたものが
各地に広まり
日本までもたどりついたのか

日本の神社にある狛犬
沖縄のシーサーなどのルーツは
エジプトのスフィンクスとも
聞いたことがある

ならば
古墳の石室や石棺の技術も
それと似たような時期に
届いたのか

伝播というよりも
「天の浮舟」に乗った誰かが
直接、知識を持ち込んだのか

案外、
前方後円墳の形状って
天の浮舟の形を模したもの、
だったりして

スタートレックの
エンタープライズ号っぽいやつとか
母船型の。

地球中の巨石文化
石や岩にまつわる事柄を
コツコツ体感しよう。