blog

北海道では海鮮とか

北海道の海鮮とか

北海道の海鮮とか

北海道の海鮮とか

僕は魚介や肉類が
かなり苦手なのだけど
ベジでもヴィーでもないので
必要があれば食したり

でもやっぱり
違和感・異物感があって
食べるのにひと苦労

美味しいか新鮮か
そうでないかの判断は
なんとかつけられるから

ああこれは
美味しいんだなとか
鮮度がいいなとかで
共感と相槌はうてる

友人は
4年前からずっと
日本・北海道の
新鮮なカニ・魚介を食べたい
と言っていたので
まずひとつかなったかな

お店や地元の方々に
あちこち尋ねまわって
魚介のことを知る

聞いた話で
それ以上は調べていないけど

カニなら
毛ガニが美味しくて
タラバはお腹いっぱい
食べたいならとか

カニ味噌なら
タラバはヤドカリ類なので
カニ類にした方がいいとか

ちなみにタラバは
僕らには好みではなくて
毛ガニが美味しかった
とりあえず経験値

それで
ふたりともカニ味噌はダメで
どうにもならずダストシュート
申し訳ない気持ちしきり

花咲蟹というのもあって
全体的にカニ味噌風味らしく
僕らはそれは却下

北海道産は7月あたりからで
今はまだロシア産の大きなものが
店先に並んでいるとか
味はどちらも変わらず美味しくて
鍋に適してるとか

エビは
新鮮なものより
死んでから1-2日経った方が
甘みが出るとか

どうも僕あたりは
魚介や肉類は死体のように感じて
かなり抵抗感が強く
美味しいけどなかなかにキツイ

野菜やフルーツも
そういう意味では同じなのだけど
まあなぜかそれ類が僕の主食

しかしその
生簀から出したばかりの
帆立貝をそのまま焼くやつね

ガスの炎の熱さを感じているのか
懸命に貝をパカパカさせて
逃げようとしているようにも見えて
キツすぎた

動物系の
命が失われる瞬間を
じっと待つ感覚

魂があるのなら
それが目の前で
抜け出ているわけだ、、

これ食うのか、、、
とかきつかった、、

食物連鎖
あってこその
この人生だけれども
あまり見たくないし
食べるのはちょっと
苦手すぎかも

海鮮市場やお店の
裏話や仕組みもわかったので
そういう意味での
得たものは多いな

なにはともあれ
友人が満足していたので
僕も満足だけどね 🙂