海と自然とひとの暮らし

釣り道具

海沿いを走って
釣り人や漁船の方などに尋ねながら
釣り情報あつめ

いくつかめかの
防波堤にて尋ねた方は
関東方面から
釣りにきているとか

周っていたという
石狩湾内の情報と
どんな釣竿・仕掛けで
釣りをしているのかを
教えていただきながら

なぜか趣味の
土器・アンモナイト拾いの話、
何気に意気投合にて
連絡先交換

タイからの友人が
釣りをしたいのでと話していたら
いくつかの釣り道具を
いただいてしまった

思いもかけず
友人も感激しきり

お礼には遠いけれど
お好みを尋ねて
自販機ボトルコーラ

道具の使い方や
釣り場情報を
あらためてうかがって
ではまたとお互いの方向へ

僕らはその後も
釣り情報をあつめながら
あちこちと訪ねてまわる

たまたま声をかけた方が
釣り船の船頭さんだったようで
より詳しい情報が入る

いま釣るなら
積丹半島の日本海側から
南下するのがいいとか

ちょうど
この時期の石狩湾は
片道2時間かけて沖に出ても
釣れにくいのだそう

釣具店を紹介いただいて
そちらでも尋ねてみると
やはりそのようで
ひと月ほど待つとまた釣れ始めるとか

いまなら
函館の海に
大きめの魚が
入り始めているかもとも
情報をいただく

函館には
翌々日から向かう予定

限られた日程、
もし釣りをするなら
函館にしようと割り切るも
最終的には時間が足りなくて
釣りはできず

けれど
尋ねまわったおかげで
北海道西南部の
釣り情報と
心地よい風景を
知ることができて

顔見知り的な
知人もできた

やはり、
歩いてみるものだね

 

小さな漁港

海の暮らし

小さな漁港にて
ボートを引き上げているおじいさん

このあたりの海は
澄んでいてとても美しいですね、
と話しかけたら

そうだろ
このあたりの海底には
貝や牡蠣やナマコが棲んでいるから
水が綺麗になるんだよ、とのこと

植物が酸素を生み出して
空気も綺麗にするようなあれかな

今回の北海道
自然とひとの暮らしについて
感じられる機会が多い

汚すとわかっていて
分解されにくいものを生み出すより
寄り添えるものと関わりたいな

生き方が
変わるというより
以前の自分に還る感あり