民俗古代妄想, blog

縄文遺跡にちょろっと

フゴッペ洞窟

忍路環状列石

レンタカー移動中、
ちらりと看板が見えて

うわ!
ここにあったのか!!

ということで
友達に寄り道させてもらって
フゴッペ洞窟に
忍路環状列石
(オショロカンジョウレッセキ)

縄文時代の
遺跡とか

フゴッペ洞窟は
撮影禁止だったので
記録できなかったのは残念

英語訳の資料もあったのは
幸い

ちらりと
受付の方に尋ねたら
やはりこのあたりには
縄文に関わる遺跡が
多いとのこと

当時から
海にも近かったようで
河川周辺からも
たくさんの遺跡が見つかっているそう

今回は時間がなくて
ちらっと見るだけだったから
あらためて時間をとって
存分に見学しよう

それに
浜辺や河原にも
行って見なくちゃな 😀

忍路環状列石は
3500年前のものと
されているらしい

認識と調査が入る以前
このあたりで暮らしていた人は
いたのだろうか

もしいたのなら
子供時代など
知らずにこのサークルで
遊んだりもしたのかな

数千年も
このまま在るなど
ワクワクする

縄文の人たちのルーツ
またはイギリスの
ストーンヘンジの人たちのルーツ
ちょっと気になるねえ

接点はないのかもしれないし
このような配置などを

どこかの誰かから
学んだのかもしれないし
見たことがあって
覚えていたのかもしれない

仏教・ヒンドゥ系のストゥーパ
シヴァリンガ(は、違うか、、)
東南アジアのお寺の屋根のとんがりに
日本の蘇東坡とお寺の屋根のとんがり

個人的には
宇宙港や空港のアンテナ
地球外からきた人たちの
通信施設などを思うのだけど

さて
これらのモチーフは
どうなのか

妄想しきり
空想しきり

可能性を信じてこそ
人生はより豊かになる

早く戻りたいな
この場所に 🙂