高師小僧、リモナイト

高師小僧

愛知の岡崎でも拾った
高師小僧(たかしこぞう)、

褐鉄鉱(かってっこう)
リモナイト

これもまた
40万年前からのものなら
嬉しすぎ

そういえば
宮城仙台の広瀬川には
土地柄か

たたら製鉄の際に
出たと思われる
溶けて固まった
鉄滓(てっさい /鉄くず)が
よく落ちているのだけど

それによく似た雰囲気の
赤錆びたような重い石があって
それは叩きつけると
見た目よりあっさり割れる

外側は真っ赤だけど
割れた断面は
七色だったり青っぽかったり

もしかするとあれも
褐鉄鉱・リモナイト、
なのかもな
よくわからんけど

「石」ならば
パワーストーン的な効果もと
検索してみたら
やっぱりあるね 😀

どうやら概ね
プラス思考にさせてくれる石
っぽい 😀

高師小僧は
そのリモナイトが
水生植物の根の周囲に
集積して固まったものらしく
形状も様々で
神秘的ですらある

形状や生い立ちを想うと
桐の箱に白粉でもふって
祀るにも好い雰囲気

なかなかに脆いので
持ち歩くには不向きだけど
眺めていると
心地よくもある

「高師小僧」を知って
化石的にも感じられる表情、
なんだかロマンだねぇ 😀

 

Tagged , , , , ,