blog

(夢)鳥居の向こうの宇宙

よく、
変わった夢を見る

先日のは
地球を離れて
宇宙空間に浮いてる自分、

地球を振り返ると
遠く、小さくみえる白い象
(と言っても大陸並みに大きい)

「そちらへ行ってみて」と
体いっぱい揺らして
合図をしてくれている

うながされて「そちら」を見ると
巨大な朱色の鳥居が浮かんでいる

その向こう
クレーターの見える距離の月と
鳥居の間、

鈍色メタリックな
大型の宇宙船のようなものや
現代の海に浮かぶ
これまた大きな戦艦のような船が
数十隻、

鳥居と月の間の空間に
なにか巨大な建造物を造っている

僕はふわりと浮かびながら
鳥居の内側に吸い込まれはじめて
鳥居の脚に手をかけたところで
目が覚めた

この夢の続き
また見そうな気がするな

オラ、
ワクワクすっぞ :3

 

Tagged