民俗学ってどんなんだっけと、遠野物語の郷に脚を運ぶ


本編を飛ばしてページ後半、遠野物語となぜか重なる漫画・アニメ「夏目友人帳」「蟲師」な小話へ 😀


遠野物語

遠野物語初版

宮城仙台への里帰り中、
ちょっと足を伸ばして
岩手の遠野郷

自分のしたいことと
「民俗学」ってなんだっけと
そのあたりを感じたくて

子供の頃から
まんが日本昔ばなしなどが好きで
その流れか、
柳田國男の「遠野物語」にも惹かれ
わりと子供の頃からの愛読書

とは言っても
一気に完読する読み方ではなく
さっと斜め読みしたあと
パラっとめくったページから
断片的に読み始めては
区切りのいいところでまた次回、
といった感じ

以前読んでいた文庫本は
中国プチ移住の際に実家のどこかに預けて
ユクエシレズ、どこいったの〜

と言うことで先月、
もう一冊買ってきて
相変わらず
ぺらっとめくったページから
読んだりしております↓

口語訳 遠野物語 (河出文庫)

新品価格
¥691から
(2018/9/10 10:40時点)

遠野物語は
短編の組み合わせで綴られていて
たった数行読むだけでも
その奥深い山里の世に
まさに、迷い込んでしまえる

いまの自分がなぜ
遠野物語や世の民俗的事象、
昔話に化石や土器、
伝統料理、民間療法などに
こころ奪われがちなのかは
わからないのだけど

もしかするとと、
ある種の役割的にも
感じてきているほど

それが勘違いだとしても
その類に出逢うたびに
心臓がキュッとなるのだから
もう仕方ない

片思いの恋愛や
惚れすぎた相手の一挙手一投足に
きゅんきゅんくるのと同じあれだ
心臓のそれ

愛だな
って思う

だからもうこの分野は
自分の中で切り離せないものと
なっているっぽい

なにせ身も心も
勝手に反応してしまうのだから

いま扱っているお茶類も
「お茶」「ハーブティ」などとは
正直思っていなくて
あくまで便宜上の表現

僕の中では
民間療法に薬草という位置付け
けれど根本は実はもっと別なもの

ひとの歩みや
民族の移動の痕跡
共時性なのか伝承者があったのか

なぜひとはそれを
身体に摂り入れ始めたのか

植物はなぜ
ひとに動物に心地よい
風味と香りを感じさせるのか

それらの化学成分は
どのように生き物の神経回路を伝わって
どのように脳のセンサーに取り込まれて
どのように各ホルモンなどのスイッチを
入れているのか

挙げればきりがないほどに
興味が深い

そんなことを
感じながら、考えながら、
口にしたり香りを分析したり
しているわけです

それが結果として
心身に好いものであるようなので
僕の暮らしに融けて
どうせならみんなで楽しめたらと
取り扱うことにしたんですよね

そのうち
それらを買い付けることを
「仕入れ」と呼ぶらしいと気がつき
その頃には僕が「仕入れ」することで
産地も嬉しくなっていると知って
じゃあみんな嬉しいならいいなと
思うようになったのかな

そのことを続けていると
山の人たちともますます仲良くなって
彼らの伝統や暮らし、
昔から伝わっている道具や技法
山ならではの言い伝えや噂話を
耳にすることにもなって

ああこれって
僕の好きな世界観だと
思い至ったわけです

そんな経験を経て
先日の遠野郷は非常に興味深く
久し振りに読んだ遠野物語は
いま自分がその世界にいるような錯覚

ああこれ、
雲南やネパールで聞いた話
見た世界と似ているなと
重なりつつ

民俗学の定義を知れば
僕の興味とは少しズレがある
多分その定義を踏襲する必要は
ないんだろうなとも
この頃は思っていて

だからなんとなく
自由にやったらいいなと
思えたり

古くからのものを
探求して遺すこと

いま起きていることを
未来から見た
古き時代の民俗の断片として
遺して行くこともまた同義

この人生では
日本も含めての
各地のいまの出来事や話題など、
未来への物語であり資料として
まとめておくのも大切なのではと
思っている

たとえそれが
誰かのつくり話だったとしても
それらを集めてまとめ
分析を加えて行くことによって
見えてくる世相・心理もあるはず

言ってしまえば
いまのどんな事柄だって
集積して分析を加えれば
得られる情報は必ずある

どんなに些細な話や事象も
未来からすれば
いや、いま現在ですら
それに気がつけることによって
なんらかの
特効薬にもなるかもしれない

僕の思う便宜上の「民俗学」とは
そんな路線

まあなんでもいいんだ
そういう区切りをつけると
逆に頭が動かなくなる

垣根は取り払ってしまおう
そうだそうしよう、それがいい 🙂

結局、
誰しもが自由になるためには
固定概念になりがちなものに
囚われないことなんじゃないかと
思った次第

古式は古式でゆかしい
それはひとつの完成の美
そういうことだな

 


小話


そういえば
遠野物語と重なって好きな
漫画作品あり

夏目友人帳 楽天
蟲師 楽天

amazonは
うまく設定できないのだけど
ここから検索とか、、↓

 

夏目友人帳 コミック 1-22巻 セット

新品価格
¥10,186から
(2018/9/10 11:01時点)

蟲師 愛蔵版 コミック 全10巻完結セット (KC DX)

新品価格
¥12,340から
(2018/9/10 11:04時点)

どちらも
アニメがまた好き、

夏目友人帳は
思わず泣いてしまうこと多々、
こころ、洗われるよう

蟲師は
現実と非現実の境が曖昧になる感
そのあたりに惹かれてつい夜更かし、、

どこかに
安住の拠点を構えたら
全部揃えるつもり
何度でも観たい作品 :3

 




 

Tagged