:: 写真日記

仙香月 – 紅 – 習作

仙香月

ご好意でいただいた

新鮮な茶の木の葉っぱにて

オレジナルレシピの茶づくり

 

生まれの仙台

それにちょっと物語を描いて

雲南・西双版納の深い山々

仙境の月夜の宴とかあれで

仙香月(せんしゃんゆえ)

 

発酵度数を深めたものを

紅茶的に「紅」として 😀

 

次回に試したいことも見えて

新鮮な葉っぱが欲しいなぁって。

 

仙香月

製茶後の茶葉には

数ヶ月から数年・数十年と

寝かせることによる

風味の経年変化の愉しみがある

今回製茶の仙香月もまた。

 

本来なら

茶葉の保管には

使わないであろう小瓶を

あえて

 

だってなんか

可愛いじゃん 😀