【古代民俗】お婆さんのサリグラムコレクション

サリグラム

 

ネパール

カリガンダキ

(黒い川)

 

河原近くの人は大抵

サリグラムを集めている

 

純粋な信仰

純粋な好奇心

或いは換金の品として

 

河原で知り合った

お婆さんの暮らす土地は

ネパールにおける

ヒンドゥ聖地のひとつ

 

観光客や

コレクター向けに

集めている人もある

 

お婆さん

「ちょっと待ってね」

と家の中

 

ガラガラ

カチカチ

 

おそらく深めの木箱

サリグラムの転がる音

 

見せてくれたのは

複数のアンモナイト痕の

遺るもの

 

化石本体

その痕

 

黄鉄鉱や石英など

置換された鉱物の

露出したものは

 

「チャクラがある」から

「強いチカラを秘める」

 

とされ

サリグラム的に

好いものとなる

 

お婆さんの目的は

どうやら

 

「サリグラムを買わないか」

と言うことらしい

 

「大きなものは

持ち運びに不便なので」

 

断ると残念そう

 

相場的に

購入しても

50-200円ほどのこと

 

とは言え

サリグラムは

密度の高い鉱物

 

砂泥、団塊・ノジュール

見た目より重量がある

 

やはりと

義理も諦めた

 

個人的には

「チャクラ」のほか

川に磨かれての形状と

 

特に

その石との出会い方に

意味を感じてもいる

 

もう

日も沈みそうだ

 

お婆さんに

感謝を伝えて

この日は

宿に戻ることにした